ホウジョウブログ

補整下着が必要なくなりました

 

「補整下着が必要なくなりました。」

と60代女性から連絡を頂きました。

 

内容は

20年以上、補整下着を着けていましたが、最近は着けなくなりました。

そのほうが、調子がいい。

それは、フィットネスチェアアールスローのお陰です。

毎日、朝と寝る前に左右8回ずつやっています。

補整下着を着けなくなってからのが、骨盤の広がりはなくなり細くなりました。

さらに、代謝が良くなって体は暖かいし、猫背も改善されました。

先日、久々に会った友達から、「姿勢が綺麗だね。」と褒められました。

肩甲骨周りの凝りも緩和されて、背中がスッキリしています。

 

詳しくは、フィットネスチェア アールスロー をご覧下さい。

 

 

フィットネスチェアアールスロー

LINEで送る

椎間板ヘルニアで手術しても治らない腰痛

 

椎間板ヘルニアで手術しても、腰痛が治らなく、さらに足の付け根から太ももの裏側にかけてしびれがあった男性に「仙腸関節の施術は受けたことはありますか?」と尋ましたら、仙腸関節が知らないとのことでした。

 

 仙腸関節は腰痛の8割~9割の原因とされていまして、

3mmから5mmしか動かない関節です。

 

仙腸関節をスムーズに動かすことができる、フィットネスチェア アールスローを使い、1ヶ月程で改善されました。

 

 1日1回 左右に8回ずつひねるだけで改善できたことに、ビックリされています。

 

詳しくは、フィットネスチェアアールスロー をご覧ください。

フィットネスチェアアールスロー

LINEで送る

腰痛を治したい方

 

腰痛を治したい方が、なぜ、アールスローを使うといいのか?

 

1.骨盤のゆがみを改善する

 骨盤を左右に同じ角度傾けながら腰をひねることで、前後左右の歪みを改善します。

 

2.歪みの大きな原因となる筋肉をほぐす

 足を動かす股関節周りの筋肉と腕を動かす肩甲骨周りの筋肉を重点的にほぐします。

 

3.自然と姿勢を良くする

 腹筋・背筋のバランスが整うように鍛えられてくるので、意識しなくても姿勢が良くなります。

 

腰痛を再発しない身体へ導く フィットネスチェアアールスロー をご覧下さい。

 

骨盤の歪みを改善

 

LINEで送る

背中の痛みスッキリ!寝る前 ストレッチ

 

背中の痛みをスッキリさせるには、お風呂上がりの体が温まっている寝る前のストレッチをオススメします。

 

1.肩甲骨を柔らかくする

2.猫背を治すのに、脇腹を伸ばす

3.骨盤の歪みを治す

 

以上の3つが重要となります。

 

フィットネスチェア アールスローを使い、説明していきます。

1.ハンドルを逆手に握り、腰をひねることで、肩甲骨を柔らかくします。

2.骨盤を下げながら腰をひねることで、脇腹を伸ばします。

3.骨盤が上がったり下がったり左右に同じ角度動かしながら、腰をひねることで歪みを改善していきます。

 

さらに、骨盤の歪みの改善には、骨盤にある仙腸関節の動きがスムーズになることも重要です。アールスローは、仙腸関節をスムーズに動かせるフィットネス器具になっています。

 

詳しくは、フィットネスチェアアールスロー をご覧ください。

 

骨盤の歪みを改善

 

LINEで送る

腰痛、肩甲骨・背中の痛みをストレッチ

 

腰痛、肩甲骨・背中の痛みをストレッチ器具で改善しました。重要なことは、「仙腸関節の動き」・「ほぐす」・「鍛える」の3つです。

1.仙腸関節は、骨盤にある仙骨と腸骨の間の関節で、3mmから5mmしか動かないと言われています。中腰で重いものを持ったり、長時間同じ姿勢をするといったわずかなことで動きが悪くなったり時には炎症を起こすことがあります。仙腸関節が滑らかに動くかが重要です。

2.骨盤周りの筋肉・肩甲骨周りの筋肉をほぐして、歪みにくい身体にすることが重要です。

3.脇腹の筋肉を鍛えて、猫背にならない綺麗な姿勢を保つことが重要です。

これら3つを同時に行える贅沢品がフィットネスチェア アールスローです。

 

 詳しくは、フィットネスチェアアールスロー をご覧ください。

 

フィットネスチェアアールスロー

 

LINEで送る

1 / 41234