ホウジョウブログ

腰痛改善方法は何を信じればいいのか?

椎間板ヘルニアで手術をしても腰痛が治らなくて、月に2回整体に通っていた60代男性がアールスローを使い始めて3日後に、「腰痛が軽くなり、ゴルフ練習に行ったらクラブの振り抜きが良くて、こんなにボールが飛ぶようになるとはビックリした。週末のゴルフが楽しみだよ」と連絡を頂きました。とても嬉しいです。

詳しい内容は、

男性:足が上がりにくく腰が痛いフィットネスチェアアールスローときは、整体で足を力で上がるようにしてもらうんだ。そうすると腰が楽になるんだ。

私:仙腸関節を知っていますか?

男性:知らないな。

私:仙骨と腸骨の間の関節を仙腸関節と言い、3mmから5mmしか動かないと言われています。

男性:その関節が、動くか動かないかで腰痛の痛みが変わるの?

私:腰痛の大部分の原因は仙腸関節にあると言っている先生がいます。動かないよりは動いたほうがいいですよね。

男性:その椅子で改善できるなら使いたいな。

私:ありがとうございます。座って左右に8回ずつひねるだけでいいですよ。

男性:それだけでいいの?

私:みなさん、どうしてもやりすぎちゃうんですよね。そうすると逆に筋肉が硬くなってほぐれないので、ほぐす程度の左右に8回ずつで大丈夫です。この動きで特許を取っているので、普段の生活で使わない筋肉を動かしています。

男性:わかった。俺が治ったら、会社の同僚も腰痛で悩んでいるから紹介するね。

ありのままの会話を書きました。個人の意見になります。

 

LINEで送る